にゃんぱす日記

ウチの日記兼遺書なのんなー

【Google Adsence】プライバシーポリシー

Google プライバシー ポリシー
お客様が Googleのサービスをご利用になる際、Google は、お客様の情報を託していただくことになります。Google はこのことに伴う重大な責任を認識し、お客様の情報を保護し、お客様がご自身の情報を管理できるようにすべく尽力しています。
このプライバシー ポリシーは、Google が収集する情報、情報を収集する理由、およびお客様がご自分の情報を更新、管理、書き出し、削除する方法について理解を深めていただくためのものです。
発効日: 2019年1月22日 | 旧版 | PDF をダウンロード

Google は、大勢の人々が日常的にこれまでにない方法で世界について知り、世界の人々と交流することを支援するさまざまなサービスを開発しています。Google のサービスには以下のようなものがあります。
Google のアプリ、サイト、デバイス(検索、YouTube、Google Home など)
Chrome ブラウザや Android オペレーティング システムなどのプラットフォーム
広告や埋め込み Google マップなど、第三者のアプリやサイトに統合されたサービス
Google のサービスでは、さまざまな利用形態によりご自分のプライバシーを管理できます。たとえば、メールや写真などのコンテンツを作成、管理できるようにしたり、より関連性の高い検索結果が表示されるようにする場合には、Google アカウントを作成することができます。一方、Google での検索や YouTube 動画の再生など、多くの Google サービスは、アカウントでログインせずに、あるいはアカウント自体を作成しなくても利用できます。また、Chrome でシークレット モードを選択すれば、履歴を残さずにウェブ閲覧を行うこともできます。さらに、各種サービスのプライバシー設定で、Google が収集する情報およびお客様情報の使用方法をお客様自身で管理できます。
Google のプライバシー ポリシーについてできるだけわかりやすくお伝えできるよう、具体例、説明動画、主な用語の定義を追加しました。このプライバシー ポリシーについてご不明な点がありましたら、お気軽に Google にお問い合わせください。

Google が収集する情報
お客様が Google のサービスを利用する際に Google が収集する情報の種類について
Google は、すべてのユーザーによりよいサービスを提供するために情報を収集します。お客様の使用言語といった基本的な事項を理解することや、お客様にとって最も役に立つ広告はどの広告か、インターネット上で重要な相手は誰か、おすすめの YouTube 動画はどれか、などの複雑な事項を推定することが含まれます。Google がどの情報を収集するか、その情報がどのように使用されるかは、お客様がどのように Google のサービスを利用するか、プライバシー設定をどのように管理するかによって変わります。
お客様が Google アカウントにログインしていないときは、お使いのブラウザ、アプリケーション、またはデバイスに関連付けられた固有 ID によって収集した情報を保存します。これは、たとえばブラウザで次回以降のセッションでもご指定の言語設定を保持することのために役立ちます。
お客様がアカウントにログインしているときは、お客様の Google アカウントに保存する情報も収集します。この情報は個人情報として取り扱われます。
お客様が作成または Google に提供する情報

Google アカウントを作成する際には、お名前やパスワードなどの個人情報をご提供いただきます。またお客様の選択により、電話番号やお支払い情報をアカウントに登録することもできます。Google アカウントにログインしていない場合でも、たとえば Google のサービスについての最新情報を受け取る配信先として登録するメールアドレスなど、お客様の選択により Google に情報が提供されることがあります。
また Google は、お客様が Google のサービスを利用した際に作成、アップロード、または他のユーザーから受け取ったコンテンツも収集します。これらの情報には、お客様が送受信したメール、保存した写真や動画、作成したドキュメントやスプレッドシート、YouTube 動画に投稿したコメントなどが含まれます。
お客様の Google サービス利用時に Google が収集する情報
ご利用のアプリ、ブラウザ、デバイス

Google は、お客様が Google のサービスへのアクセスに使用したアプリ、ブラウザ、およびデバイスに関する情報を収集します。こうした情報は、プロダクトの自動アップデート機能や、バッテリー残量が少ないときに画面を暗くする機能などのために使用されます。
Google が収集する情報には、固有 ID、ブラウザの種類および設定、デバイスの種類および設定、オペレーティング システム、モバイル ネットワークに関する情報(携帯通信事業者名や電話番号など)、アプリケーションのバージョン番号などが含まれます。また、Google のサービスとお客様のアプリ、ブラウザ、およびデバイスの間の通信についての情報も収集します。たとえば、IP アドレス、障害レポート、システム アクティビティ、リクエストの日時と参照 URL などです。
こうした情報は、お客様のデバイス上の Google サービスが Google のサーバーと通信したときに収集されます。たとえば、お客様が Play ストアからアプリをインストールしたときや、サービスの自動アップデートのチェックが行われたときなどです。Google アプリ搭載の Android デバイスをお使いの場合、デバイスが定期的に Google のサーバーと通信して、デバイスや Google サービスとの接続に関する情報を送信します。この情報には、デバイスの種類、携帯通信事業者名、障害レポート、インストールしたアプリなどの項目が含まれます。
お客様のアクティビティ

Google のサービスにおけるお客様のアクティビティに関する情報を収集します。この情報は、お客様の好みに合いそうな YouTube 動画をおすすめするなどの目的に使用します。Google が収集するアクティビティ情報には以下のものがあります。
検索したキーワード
再生した動画
コンテンツや広告の表示やそれらへの反応
音声機能使用時の声および音声の情報
購入アクティビティ
コミュニケーションの相手やコンテンツの共有相手
Google のサービスを利用している第三者のサイトやアプリでのアクティビティ
Google アカウントで同期した Chrome 閲覧履歴
お客様が通話の発信や着信、メッセージの送受信ができる Google のサービスを使用した場合、電話のログ情報(お客様の電話番号、発信者の電話番号、着信先の電話番号、転送先の電話番号、通話やメッセージの日時、通話時間、ルーティング情報、通話の種類など)を収集することがあります。
お客様は Google アカウントにアクセスして、ご自分のアカウントに保存されているアクティビティ情報を確認、管理することができます。

Google アカウントに移動
お客様の現在地情報

Google は、Google サービス利用時のお客様の現在地情報を収集します。こうした情報は、週末のドライブのナビゲーションや、近くの映画館での上映時間などを表示する機能などのために使用されます。
現在地情報の判定には、以下の情報が使用されます。精度は情報の種類によって異なります。
GPS
IP アドレス
お客様のデバイスからのセンサーデータ
Wi-Fi アクセス ポイント、携帯通信の基地局、Bluetooth 対応デバイスなど、お客様のデバイスの近くにあるものに関する情報
Google が収集する現在地データの種類は、お客様のデバイスおよびアカウント設定によって変わる場合があります。たとえば、Android 搭載デバイスでは設定アプリでデバイスの位置情報機能をオンまたはオフにすることができます。また、ロケーション履歴をオンにすると、ログインしたデバイスを携帯して移動した場所の履歴を非公開の地図上に残すことができます。

状況によっては、公開情報からお客様に関する情報を収集することもあります。たとえば、お客様の名前が地域のオンライン ニュースに掲載された場合、その記事を Google の検索エンジンのインデックスに登録し、他のユーザーがお客様の名前を検索したときにその記事を表示することがあります。また、信頼できるパートナーからお客様に関する情報を収集することもあります。たとえば、マーケティング パートナーから Google のビジネス サービスの潜在顧客に関する情報の提供を受けたり、セキュリティ パートナーから不正使用防止のための情報の提供を受けることがあります。また、広告主から、広告やリサーチのサービスをその広告主に提供するための情報の提供を受けることがあります。
Cookie、ピクセルタグ、ローカル ストレージ(ブラウザ ウェブ ストレージやアプリケーション データ キャッシュなど)、データベース、サーバーログといったさまざまな技術を使用して、情報を収集、保存します。

Google がデータを収集する目的
サービス向上のためのデータ使用
Google は、Google のすべてのサービスから収集した情報を以下の目的に使用します。
サービスの提供

お客様の情報を、サービスを提供するために使用します。たとえば、検索キーワードを処理して結果を表示するため、お客様の連絡先から共有相手の候補を表示してコンテンツを共有しやすくするためなどに使用します。
サービスの維持、向上

また、お客様の情報を、サービスを意図したとおりに稼動させるために使用します。たとえば、障害事例を追跡するため、あるいは報告をいただいた問題の解決に取り組むためなどに使用します。また、お客様の情報を、Google のサービスを向上させるために使用します。たとえば、特にスペルミスの多い検索キーワードを把握し、各種サービスでのスペルチェック機能の向上に役立てます。
新しいサービスの開発

既存のサービスで収集した情報を、新しいサービスの開発に役立てます。たとえば、Picasa(Google の最初の写真アプリ)でユーザーがどのように写真を整理するかを把握したことが、Google フォトの設計とサービス開始に役立ちました。
コンテンツや広告など、カスタマイズしたサービスの提供

Google は、Google のサービスを個々のお客様に合わせてカスタマイズするために、収集した情報を使用します。たとえば、おすすめ情報を表示する、カスタマイズしたコンテンツを表示する、カスタマイズした検索結果を表示するなどの目的で使用します。たとえば、セキュリティ診断では、お客様の Google サービスの利用方法に合わせて、お客様におすすめのセキュリティ対策をご案内しています。また、Google Play では、お客様がそれまでにインストールしたアプリや YouTube で再生した動画などの情報を使用して、おすすめの新しいアプリを表示しています。
お客様の設定内容により、Google は、お客様が関心をお持ちの事柄に基づいてカスタマイズされた広告を表示することもあります。たとえば、「マウンテンバイク」というキーワードで検索すると、その後 Google から配信される広告が表示されるサイトを閲覧したときにスポーツ用品の広告が表示されることがあります。Google による広告表示にどの情報が使用されるかは、お客様自身が広告設定画面で管理できます。
なお、人種、宗教、性的指向、健康状態など、機密性の高いカテゴリに基づいてカスタマイズされた広告を表示することはありません。
お客様からご依頼がない限り、お客様のお名前、メールアドレスなど、お客様を個人として特定できる情報を広告主と共有することはありません。たとえば、付近のフラワー ショップの広告が表示され、お客様が [タップして通話] ボタンをタップした場合に、Google では通話を接続する際にお客様の電話番号をフラワー ショップと共有することがあります。

広告設定に移動
パフォーマンスの測定

Google は、Google のサービスがどのように利用されているのかを把握するために、分析や測定のためのデータを使用します。たとえば、Google のサイトへのお客様のアクセスに関するデータを分析して、製品の デザインの最適化などに役立てます。また、広告主が広告キャンペーンの効果を把握することを支援するために、お客様が反応した広告に関するデータを使用します。その際、Google アナリティクスなどの各種ツールを使用します。Google アナリティクスを使用しているサイトにアクセスすると、Google と Google アナリティクスの顧客が、Google の広告サービスを利用している他のサイトでのお客様のアクティビティと、Google アナリティクスを利用している当該サイトでのお客様のアクティビティに関する情報を関連付けることがあります。
お客様とのコミュニケーション

Google は、収集したお客様のメールアドレスなどの情報を、直接お客様にご連絡を差し上げるために使用します。たとえば、お客様の Google アカウントに通常と異なる場所からログインしようとするなどの不審なアクティビティが検知された場合、お客様に通知をお送りすることがあります。また、Google のサービスの変更や改良を行う予定についてお知らせすることもあります。他方、お客様から Google の方にご連絡があったときは、お困りの問題の解決に役立てられるよう、いただいたリクエストを記録しておきます。
Google、Google のユーザー、一般の人々の保護

Google は、収集した情報を Google のサービスの安全性と信頼性を向上させる取り組みに使用します。こうした取り組みには、Google、Google のユーザー、もしくは一般の人々に害を及ぼすおそれのある不正行為、不正使用、セキュリティ リスク、または技術的な問題の検知、防止、対応などがあります。

こうした目的のため、さまざまな技術を使用してお客様の情報を処理します。カスタマイズした検索結果、カスタマイズされた広告、お客様の Google サービスの利用方法に合わせて提供されるその他の機能などを提供するために、お客様のコンテンツを解析する自動システムを使用しています。また、スパム、マルウェア、違法コンテンツといった不正使用の検知に役立てるためにお客様のコンテンツを解析します。さらに、データのパターンを認識するためにアルゴリズムも使用します。たとえば、Google 翻訳では、お客様が入力したさまざまな語句に共通する言語パターンを検知して、言語の壁を超えたコミュニケーションを支援しています。
上記の目的のために、Google の各種サービスにおいてお客様のさまざまなデバイスから収集した情報を組み合わせることがあります。たとえば、YouTube でギタリストの動画を再生すると、その後 Google の広告サービスを利用しているサイトにアクセスしたときにギターレッスンの広告が表示されることがあります。アカウントの設定内容によっては、Google のサービスおよび Google が配信する広告の質を高めるため、他のサイトやアプリでのお客様のアクティビティがお客様の個人情報と関連付けられることもあります。
他のユーザーがお客様のメールアドレスやお客様個人を特定するその他の情報をすでに持っている場合、当該ユーザーに対し、一般公開されているお客様の Google アカウント情報(お客様の名前や写真など)を表示することがあります。そうすることで、たとえば、受け取ったメールがお客様からのものであることがわかりやすくなります。
このプライバシー ポリシーに記載していない目的にお客様の情報を使用する場合は、事前にお客様の同意を求めます。

お客様によるプライバシーの管理
Google が収集する情報の内容と使用方法についてのお客様の選択肢
このセクションでは、Google の各種サービスにおいてお客様のプライバシーを管理するための主な管理項目について説明します。また、プライバシー診断でも、重要なプライバシー設定の確認、調整を行うことができます。加えて、各種サービス内に個別のプライバシー設定画面を用意しています。詳しくは Google サービス プライバシー ガイドをご覧ください。

プライバシー診断に移動
情報の管理、確認、更新
ログイン中いつでも、お使いのサービスにアクセスして情報を確認、更新できます。たとえば、Google フォトと Google ドライブはいずれも、お客様が Google サービスを使用して保存した特定の種類のコンテンツを管理できるように作られています。
また、ご自分の Google アカウントに保存された情報を確認、管理できる場所もご用意しています。Google アカウントには次の設定画面があります。
プライバシー管理

アクティビティ管理
ご自分のアカウントに保存するアクティビティの種類を指定します。たとえば、通勤時間の予測が表示されるようにロケーション履歴をオンにする、よりご自分の好みに合ったおすすめの動画が表示されるように YouTube の再生履歴を保存する、などの活用法があります。
アクティビティ管理に移動

広告設定
Google のサイトで、また Google と提携して広告を表示するサイトやアプリで表示される広告についての設定を管理できます。関心のある事柄を変更したり、より関連性の高い広告を表示するための個人情報の使用の可否を選択したり、特定の広告サービスをオンまたはオフにしたりできます。
広告設定に移動

ユーザー情報
各種 Google サービスにおいて他のユーザーに表示されるご自分の情報を管理できます。
ユーザー情報に移動

共有おすすめ情報
広告に表示されるアクティビティ(投稿したレビューやおすすめなど)にご自分の名前と写真を表示するかどうかを選択できます。
共有おすすめ情報に移動

お客様による情報の共有
Google+ のアカウントで情報を共有する相手を管理できます。
お客様による情報の共有に移動する
ご自分の情報を確認、更新する方法

マイ アクティビティ
[マイ アクティビティ] ページでは、検索を行ったときや Google Play にアクセスしたときなど、Google サービスの利用時に作成されるデータを確認、管理できます。アクティビティを時期やトピックごとに並べ替えたり、アクティビティの一部または全部を削除したりできます。
マイ アクティビティに移動

Google ダッシュボード
Google ダッシュボードでは、特定のサービスに関連付けられている情報を管理できます。
ダッシュボードに移動

個人情報
ご自分の名前、メールアドレス、電話番号などの連絡先情報を管理できます。
個人情報に移動
ログインしていないときは、ブラウザやデバイスに関連付けられている、以下のような情報を管理できます。
ログアウト時の検索のカスタマイズ: より関連性の高い検索結果やおすすめ情報を表示するために検索アクティビティを使用するかどうかを選択できます。
YouTube の設定: YouTube 検索履歴および YouTube 再生履歴の一時停止と削除ができます。
広告設定: Google のサイトで、また Google と提携して広告を表示するサイトやアプリで表示される広告についての設定を管理できます。
情報の書き出し、削除
バックアップ、または Google 以外のサービスでの使用を目的として、ご自分の Google アカウントに保存されているコンテンツを書き出すことができます。

データを書き出す
また、適用される法律に基づき、特定の Google サービスからコンテンツを削除するようリクエストすることができます。
ご自分の情報を削除する方法は次のとおりです。
特定の Google サービスからご自分のコンテンツを削除する
[マイ アクティビティ] ページで特定の項目を検索してアカウントから削除する
特定の Google サービスを、関連付けられた自身の情報も含めて削除する
Google アカウント自体を削除する

ご自分の情報を削除する
さらに、アカウント無効化管理ツールを使用すると、不慮の事態によりご自分でご自分の Google アカウントにアクセスできなくなった場合に、別の人がアカウントの一部にアクセスできるようにすることができます。

このほかにも、Google アカウントにログインしているかどうかに関わらず、Google が収集する情報を管理する方法がいくつかあります。以下の方法です。
ブラウザの設定: たとえば、Google のサイトからブラウザに Cookie が送信されたときに通知が表示されるように設定できます。特定のドメインから、またはすべてのドメインからのすべての Cookie をブロックするよう設定することもできます。ただし、Google のサービスは、たとえば使用言語の設定を保存する機能など、Cookie の使用を前提として正常に動作するように設計されていることにご留意ください。
デバイスごとの設定: デバイスに、Google が収集する情報の種類を指定する管理機能が用意されていることがあります。たとえば、Android 搭載デバイスでは位置情報の設定を変更できます。

ご自分の情報の共有
お客様によるご自分の情報の共有
多くの Google サービスでは、他のユーザーと情報を共有できるようになっており、共有方法について管理できるようになっています。たとえば、YouTube では動画を一般公開で共有することも、非公開にしておくこともできます。なお、一般公開で情報を共有すると、公開したコンテンツは Google 検索などの検索エンジンを通じてアクセス可能になる場合があることにご留意ください。
ログインして一部の Google サービスで操作(YouTube 動画にコメントをつける、Play で曲のレビューを投稿するなど)を行うと、そのアクティビティの横にご自分の名前と写真が表示されます。共有おすすめ情報の設定によっては、この情報が広告に表示されることもあります。
Google によるお客様の情報の共有
Google は、以下の場合を除いて、お客様の個人情報を Google 以外の企業、組織、個人と共有することはありません。
お客様の同意を得た場合
Google は、お客様の同意を得た場合に、Google 以外の者と個人情報を共有します。たとえば、お客様が Google Home から予約サービスでレストランを予約した場合、お客様の許可を得たうえでお客様のお名前や電話番号をレストランと共有します。機密性の高い個人情報を共有する場合は、お客様に明示的な同意を求めます。
ドメイン管理者の場合
お客様が Google のサービス(G Suite など)を利用する組織の学生または職員である場合、ドメイン管理者、およびアカウントを管理する販売パートナーがお客様の Google アカウントにアクセスできます。ドメイン管理者および当該販売パートナーは次のことを行うことができます。
お客様のアカウントに保存された情報(メールなど)にアクセスし、その情報を保持すること。
お客様のアカウントに関する統計情報(お客様がインストールしたアプリの数など)を表示すること。
お客様のアカウントのパスワードを変更すること。
お客様のアカウントのアクセス権を一時停止または停止すること。
適用される法律、規制、法的手続き、または強制力のある政府機関の要請に応じるために、お客様のアカウント情報を受け取ること。
ご自分の情報またはプライバシー設定の削除や編集を行うお客様の権限を制限すること。
外部処理の場合
Google は、Google の関連会社およびその他の信頼できる企業または個人に対し、個人情報を Google のために処理させる目的で当該個人情報を提供します。その場合、当該関連会社、企業、または個人は、Google の指示に基づき Google のプライバシー ポリシーならびにその他の適切な機密保持およびセキュリティの方策に従って当該処理を行います。たとえば、Google ではカスタマー サポートの提供をサービス プロバイダーに委託することがあります。
法律上の理由の場合
Google は、個人情報へのアクセス、使用、保存、または開示が以下の理由で合理的に必要だと誠実に判断した場合、その情報を Google 以外の者と共有します。
適用される法律、規制、法的手続きまたは強制力のある政府機関の要請に応じるため。政府から受けた要請の数と種類についての情報は、Google の透明性レポートで開示しています。
違反の可能性の調査など、適用される利用規約の遵守徹底を図るため。
不正行為、セキュリティや技術上の問題について検知、防止またはその他の対処を行うため。
法律上の義務に応じて、または法律上認められる範囲内で、Google、Google ユーザー、または一般の人々の権利、財産、または安全に害が及ぶことを防ぐため。
Google は、個人を特定できない情報を公開する、または Google のパートナー(サイト運営者、広告主、デベロッパー、権利者など)と共有することがあります。たとえば、Google サービスの一般的な利用傾向がわかる情報を公開します。また、特定のパートナーに、広告および測定の目的でパートナー自身の Cookie や類似の技術を使用してお客様のブラウザまたはデバイスから情報を収集することを許可しています。
Google が合併、買収、または資産譲渡の対象となった場合、Google は引き続きお客様の個人情報の機密性が保持されるよう取り計らい、個人情報が譲渡される前、または別のプライバシー ポリシーの適用を受けるようになる前に、対象のユーザーに通知します。

お客様の情報の保護
お客様の情報を保護するための Google サービスのセキュリティ対策
Google のサービスはすべて、お客様の情報を継続的に保護する強力なセキュリティ機能を備えています。サービスを継続的に提供することで得られる分析情報を活用し、セキュリティ脅威をお客様の元に到達する前に検知し、自動的にブロックします。そして、何らかのリスクの高い脅威を検知し、これについてお客様にお伝えすべきと判断した場合は、お客様に通知し、セキュリティを強化して継続的な保護を実現するための手順をご案内します。
Google は、Google が保持する情報への不正なアクセス、改変、開示、または破壊からお客様と Google 自身を保護すべく尽力しています。たとえば以下の対策を講じています。
お客様のデータが伝送中に漏洩することのないよう、暗号技術を使用しています。
セーフ ブラウジング、セキュリティ診断、2 段階認証など、お客様のアカウントを保護するための各種セキュリティ機能をご用意しています。
システムへの不正アクセスを防止すべく、Google の情報収集、保存、および処理の実施方法(物理的なセキュリティ対策を含む)の見直しを行っています。
個人情報にアクセスできる担当者を、情報の処理のためにその情報を必要とする Google の社員、請負業者または業務委託先、および代理人に限定しています。当該担当者はいずれも、厳格な契約上の守秘義務を負っており、当該義務を履行しなかった場合は懲戒処分または契約解除の対象となることがあります。

お客様の情報の書き出しおよび削除
お客様は、Google アカウントのご自分の情報をいつでも書き出したり、削除したりできます
バックアップ、または Google 以外のサービスでの使用を目的として、ご自分の Google アカウントに保存されているコンテンツを書き出すことができます。

データを書き出す
ご自分の情報を削除する方法は次のとおりです。
特定の Google サービスからご自分のコンテンツを削除する
[マイ アクティビティ] ページで特定の項目を検索してアカウントから削除する
特定の Google サービスを、関連付けられた自身の情報も含めて削除する
Google アカウント自体を削除する

ご自分の情報を削除する
場合により、正当な業務上または法律上の目的のために保持する必要があるときは、Google がデータを一定期間保持することがあります。Google が保持するお客様の情報を削除する時期などについては、Google のデータ保持期間についての説明をお読みください。
Google は、Google のサービスにおいて情報が過失または悪意により削除されることがないようにすべく努めています。そのため、お客様が何らかのデータを削除したとき、その後 Google の本稼動システムおよびバックアップ システムからコピーが削除されるまでの間に時間差が生じることがあります。

コンプライアンスおよび規制当局との協力
Google は、このプライバシー ポリシーを定期的に見直し、Google においてお客様の情報がこのプライバシー ポリシーを遵守する形で処理されていることを確認しています。
データ転送
Google では、世界各地にサーバーを設置しており、お客様の情報は、お客様がお住まいの国以外の場所にあるサーバーで処理されることもあります。データ保護法令は国によって異なり、保護の厳格な国もあればそうでない国もあります。Google では、ユーザーの情報が処理される場所に関わらず、このポリシーに定める共通の保護対策を適用しています。また、EU-US Privacy Shield Framework や Swiss-US Privacy Shield Framework などのデータ移転に関する特定の法的枠組みも遵守しています。
正式な書面による申し立てを受領した場合、申し立てを行った方に Google から連絡いたします。申し立てを行った方のデータの転送に関する申し立てについて申立人との間で直接解決できなかった場合は、現地のデータ保護当局などの該当する規制当局と協力して解決にあたります。
このポリシーについて
このポリシーの適用範囲
このプライバシーポリシーは、YouTube、Android、および第三者のサイトで提供されるサービス(広告サービスなど)を含め、Google LLC およびその関連会社が提供するサービスすべてに適用されます。このプライバシー ポリシーが組み込まれていない別のプライバシー ポリシーが適用されるサービスは、このポリシーの適用対象外です。
以下のものは、このプライバシー ポリシーの適用対象外です。
Google サービスを宣伝している他の企業や組織での情報の処理方法
Google サービスを組み込んでいる商品やサイト、検索結果に表示される商品やサイト、Google サービスからリンクしている商品やサイトなど、他の企業や個人が提供するサービス
ポリシーの変更
このポリシーは随時変更されます。Google は、このプライバシー ポリシーに基づくお客様の権利をお客様の明示的な同意なく縮小することはありません。ポリシーの最終変更を公開した日付を常に明示し、参考情報として旧版も確認できるようにします。重大な変更については、より積極的にお客様の注意を促す形で通知を行います(たとえば、特定のサービスについては、プライバシー ポリシーの変更をメールでお知らせするなど)。
関連するプライバシーへの取り組み
特定の Google サービス
一部の Google サービスについては、以下の「プライバシーに関するお知らせ」で追加情報をお伝えしています。
Chrome および Chrome オペレーティング システム
Play ブックス
Google ペイメント
Fiber
Google Fi
G Suite for Education
YouTube Kids
ファミリー リンクで管理されている、13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)未満のお子様用の Google アカウント
その他の参考情報
以下のリンク先で、Google のプライバシーに対する取り組みやプライバシー設定についてさらに詳しくご案内しています。
Google アカウントから、アカウントを管理するためのさまざまな設定を行うことができます。
プライバシー診断では、Google アカウントの主なプライバシー設定について詳しくご説明します。
Google のセーフティ センターでは、Google サービスに組み込まれているセキュリティ機能やプライバシー管理機能、またご家族のデジタル デバイスのオンライン利用に関する基本ルールを設定するためのツールについてご案内しています。
プライバシーと規約では、このプライバシー ポリシーと Google の利用規約について全体における位置づけや関係がよりわかりやすいようにご案内しています。
テクノロジーでは次の事項について詳しく説明しています。
Google による Cookie の利用方法
広告に使用されているテクノロジー
Google がパターン認識を使用して写真の中の顔などを識別する方法
Google のサービスを使用するサイトやアプリから収集した情報の Google による使用